バルトレックス通販

バルトレックスはヘルペスウイルス感染症(性器ヘルペスや帯状疱疹など)に有効な抗ウイルス薬です。
早めに服用することで症状の悪化を防げます。

バルトレックスの購入はコチラから

バルトレックスの概要

有効成分:バラシクロビル

バルトレックスはバラシクロビルを有効成分とする抗ウイルス薬です。
主に単純疱疹(口唇ヘルペスや性器ヘルペス)や帯状疱疹の治療、または再発の予防目的で処方されます。

イギリスの製薬会社であるGSKファーマ社によって開発・製造されているバルトレックスは、日本でも認可されている医薬品です。
従来の抗ウイルス薬よりも高い効果を発揮するため、第一選択薬として認知されています。

バルトレックスの効果

ウイルスの増殖を抑えて症状をいち早く改善します

口唇ヘルペスや性器ヘルペスの原因菌はヘルペスウイルスです。
粘膜から感染するこのウイルスは、潜伏期間を経て皮膚の水疱といった症状をもたらします。

ヘルペスの症状はピリピリ・チクチクとした感覚のあと、患部に水ぶくれが出るのが特徴的です。
水疱のなかにもヘルペスウイルスが含まれているため、早く治すには専門的な治療が必要になります。

バルトレックスはヘルペスウイルスの増殖を抑える働きがあり、症状の早期治療に最適です。

ヘルペスウイルスに一度感染すると、ウイルスが体内から完全に消えることはありません。
風邪やストレスなどで免疫力が低下したタイミングなどで再発する可能性があります。

そのためバルトレックスを常備しておき、症状が軽いうちに治療を始めることが大切です。

バルトレックスの飲み方

単純疱疹の場合、バラシクロビルとして500mgを1日2回5日間服用します

性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療であれば、1回500mg(500mg1錠、1000mg2分の1錠)を1日2回5日間服用してください。
1000mgはピルカッターなどでカットして服用します。

飲み忘れに注意が必要です

単純疱疹の治療時、バルトレックスを5日間飲み続ける必要があります。
飲み忘れると有効成分の働きが持続せず、ヘルペスウイルスの成長を妨げられない可能性があるため、必ず指定期間服用を続けましょう。

毎日服用の時間を決めておけば、飲み忘れ防止に繋がります。

バルトレックスの副作用

頭痛、眠気、吐き気、便秘、下痢 など

バルトレックスは従来の抗ウイルス薬に比べると、副作用が出にくく改良されています。
しかし頭痛や眠気といった症状が出ることもあるため、服用後は車の運転や機械の操縦を避けてください。

また腸内菌にも作用してしまうことで、便秘や下痢などの副作用が生じる恐れがあります。

バルトレックスの注意点

併用禁忌薬は現在調査中です
服用できない人

バラシクロビルまたはアシクロビルにアレルギーの既往歴がある

服用に関して医師への相談が必要な人

肝機能障害がある、高齢者

バルトレックスは飲み合わせに注意が必要な薬や、服用に注意しなければいけない人がいます。
現在病気治療中の人は、バルトレックスの服用についてかかりつけの医師に相談するようにしましょう。

バルトレックスの口コミ

Sさん(31歳)

前に性器の周りに水ぶくれができてしまって、痛くて痛くて病院に行ったらヘルペスの診断を受けました。
歩くのもつらいくらい痛かったのですが、飲み薬(バルトレックス)を飲んでからだいぶ良くなって一安心・・。

ただ再発の可能性もあると知ってショック。
再発に備えて通販で買いました。

私が再発したら今の彼にも移るかもしれないし、念の為のお守りとして置いてあります。

Aさん(28歳)

アソコがピリピリするなー、まさか性病!?って思ったらそのまさか。
旦那も同じような症状出てて、これは・・と。
調べてみたら完全にヘルペスでした。

どっちも唇のヘルペスとか昔からありましたが、多分それで移っちゃったのかな?
病院に行くのが恥ずかしかったので、ネットで効きそうな薬を買いました。

だいたい1週間くらいで赤みも痛みも無くなったかな。
違和感がすごかったので、良くなってホッとしました。