アジー通販

アジーはジスロマックのジェネリックで、1錠あたり254円~で購入できます。
性感染症のなかでも感染率が高いクラミジア、または淋病の治療薬で、1000mgを一回服用するだけで効果が最大10日間も持続します。

アジーの購入はコチラから

アジーの概要

先発薬:ジスロマック
有効成分:アジスロマイシン

アジーは有効成分アジスロマイシンを含むジスロマック・ジェネリックです。
インド大手の製薬会社であるシプラ社が開発・製造しており、クラミジアや淋病のほか、梅毒、マラリアなどの治療にも用いられます。

価格 1錠あたりの価格
250mg×6錠 1,690円 281円
250mg×18錠 4,580円 254円
500mg×5錠 3,140円 628円
500mg×15錠 8,490円 566円
1000mg×6錠
3,890円 648円
1000mg×18錠 10,520円 584円

アジーは250mg、500mg、1000mgの3種類。
症状によって用法・用量は異なります。

クラミジアの治療でアジーを選択した場合、何日間も服用を続ける必要はありません。
有効成分アジスロマイシンは体内に留まる特徴があり、アジー1000mgを一回飲めば効果が7~10日間続きます。
クラミジアの原因菌が死滅するまでしっかり効くため、たった一回の服用でも症状の改善が期待できるのです。

アジーの効果

・細菌の発育を阻止します
・炎症を鎮めます

アジーの有効成分アジスロマイシンは、細菌のタンパク合成を阻止し、細菌の育成を防ぎます。
タンパク合成できなくなった細菌は死滅するため、症状が改善されます。
また抗炎症作用もあるため、細菌感染による粘膜の炎症にも有効です。

ジスロマックは多くの細菌に適応しているため、クラミジアや淋病といった性感染症に加え、マイコプラズマや肺炎球菌による感染症にも効果を発揮します。

アジーの飲み方

クラミジア治療の場合、アジスロマイシンとして1000mgを1回服用します

通常、咽頭炎や歯周病などの治療では、500mgを1日1回、3日間に渡って服用します。

アジーは感染した菌の種類や症状の程度によって用法・用量が異なります。
詳しい服用方法についてはかかりつけの医師に相談しましょう。

アジーはアルコールの影響で効果が半減する恐れがあるため、服用期間中の飲酒は避けてください。

アジーの副作用

下痢、軟便、腹痛 など

アジーは従来の抗菌薬に比べると副作用の発現率が低めです。
ただし下痢などの消化器症状が出ることがあります。

また稀に蕁麻疹、めまい、意識低下といった重篤な副作用が出る恐れがあります。
アナフィラキシーショックの可能性が考えられるため、体調に変化が現れたら服用を中断し、すぐに医療機関を受診しましょう。

アジーの注意点

アジーには併用禁忌薬がありません。
ただしアジスロマイシンに対して過敏症(アレルギー)の既往歴がある人は、アジーの服用を避けましょう。

また以下に当てはまる人はアジーの服用で副作用が出る恐れがあります。
事前に医師に相談した上で服用してください。

服用に関して医師への相談が必要な人

・妊娠中、授乳中の女性
・乳幼児
・アジー以外の抗生物質を服用している
・ワルファリン、シクロスポリン、制酸剤、メシル酸ネルフィナビル、ジゴキシンを服用中

アジーの口コミ

Aさん(32歳)

以前クラミジアでジスロマックを服用したことがありました。
似たような症状があり、心当たりもあったので、今回は通販でジェネリックを買いました。

1000mg1回飲めば痒みもおりものも治まりました。
まだ錠剤が残っているので、もしもの時の備えとして使おうと思います。

Yさん(27歳)

彼女が体調不良で病院に行ったらクラミジアの診断を受けました。
普通に性行為をしていたので自分も感染していると思い、アジーを購入して飲みました。

今のところそれらしい症状もないので、かかっていなかったのか、はたまた治ったのかは分からないです。
ただ性病はすぐに治療が必要とのことですし、治療薬は手元にあっていいかと思います。